企業理念

ミッションステートメント

「既存を問い直す、越境を」

Global(グローバル)

北欧は、自国の市場規模が小さいため、「自国以外でいかに成功するか」を常に考えたビジネスを創出し、北欧を起源とするグローバル企業を多く輩出しています。 Syno Japan株式会社は、日本のお客様に対してグローバルのデータ収集およびび分析を提供する企業として、常にグローバル目線でビジネスを考え、日本企業のグローバルビジネスに新しい価値を生み出す創造的なソリューションにコミットします。

Productivity Optimization(生産効率の最適化)

北欧の働き方における基本理念は、「人生という限られた時間の最適化」です。 Syno Japan株式会社は、社員に対しては自身の効率性を最大化することができる仕組みや、ワーク・ライフ・バランスの取れた労働環境を提供します。 お客様およびパートナー企業には、グローバルのデータ収集および分析において、ムダを徹底的に排除した業務の遂行できるサービスを提供し、国内の働き方改革が掲げる目標の一つである「生産効率の最適化」にコミットします。

Equality(平等)

移民やマイノリティに寛容な北欧は、さまざまな背景をもつ人が「差のない」平等な生活を送ることができる社会を実現しています。 これは、北欧の国の多くが、ジェンダーギャップ指数や幸福度指数で常に上位に入っている大きな理由です。 Syno Japan株式会社は、性別や年齢、国籍や社会的地位等に関係なく、さまざまな背景をもつ仲間が個の力を最大限発揮できるフラットな環境の提供をコミットします。

Do It Yourself(DIY)

セルフで組み立てる家具に特化するIKEAを代表に、北欧にはDIY型のサービスを提供するビジネスが多く存在します。 これは人件費が高いというお国事情もありますが、DIY型を追求する背景には、他人まかせではなく自ら考えゼロから作り上げることで、長期的にはノウハウの蓄積や能力の向上につながるという信念があるからです。 北欧に起源をもつSyno Japan株式会社は、非効率でハードルが高いと言われているグローバルのデータ収集の分野であっても、自らの手でデータの収集ができるDIY型のリサーチシステムを提供し、国内のお客様が自社のグローバルビジネスの課題に対する解決策となるインフラ構築にコミットします。

Localization(ローカリゼーション)

外資企業の日本進出が失敗に終わる一番の原因は、日本独特の商慣習に対する理解不足と商品のローカリゼーションがうまく機能していないことだと考えます。 Syno Japan株式会社は、ビジネスディシジョンやシステム開発を本社に依存した体制ではなく、Syno Japan株式会社が日本の市場ニーズや商習慣を正しく理解し、日本のお客様が求める商品やサービスをタイムリーかつ柔軟に開発する体制をベースとしたローカリゼーションを提供することにコミットします

お問い合わせ