ポストCookie時代に対応する次世代消費者データ 「ゼロパーティデータ:アンケートの回答インセンティブ編」| ホワイトペーパー

業種や会社の規模を問わず、さまざまなB2CやB2B企業は、市場調査や顧客満足度、マーケティング効果測定などを目的とし、ロイヤリティ顧客や潜在顧客、読者などに対してアンケートを実施しています。アンケートの頻度や手法はさまざまですが、アンケートを実施したことが一度もないという企業は少ないのではないでしょうか?

顧客視点のビジネス、顧客体験(CX)の向上の重要性が謳われる一方、個人情報保護規制がより一層厳しくなる時代において、顧客から明示的な同意を得て顧客の属性情報や意識情報、しいては個人情報を取得することができるアンケートは、必要不可欠なマーケティング手法となっています。また、回答する側も、アンケートに参加することで、自身の声を企業や社会に反映させることができ、しいては物やサービスの向上や社会貢献につなげることができる。よって、アンケートは実施主体中心ではなく、企業や社会と消費者との双方にメリットをもたらすコミュニケーションと捉えるべきです。

アンケートを実施したことがある方は、上記のアンケートの重要性は理解しながらも、回答数が思い通りになかなか集まらない、などの課題に直面する方も多いのではないでしょうか?その解決策としてよく利用されているのが、アンケートの参加に対する「回答インセンティブ」です。現金やギフトカードといった金銭的なインセンティブから、チャリティへの寄付や特典などの非金銭的なインセンティブといった種類や提供方法、メリットやデメリットなど、回答インセンティブを付与する際に考慮する点が多くあります。

本ホワイトペーパーでは、ゼロパーティデータ、つまり消費者が何らかの対価と引き換えに、提供する自身に関する情報の収集する際によく使われる対価=回答インセンティブに関する基本情報をまとめ、インセンティブの付与を効率化するシステムと回答インセンティブに関するアンケート回答に関する調査結果をご紹介します。本ホワイトペーパーが、ポストCookie時代のゼロパーティデータ構築を検討する企業にとって、顧客とのエンゲージメントを維持しながら、アンケートを効率的に収集するための有益な情報となれば光栄です。

【目次】

  1. 回答インセンティブとは
  2. 回答インセンティブの付与を効率化するシステム
  3. 回答インセンティブに関するアンケート結果
  4. 最後に
ホワイトペーパーをご希望の方は、下記にお客様の情報を登録してください。