観光客CXアンケートプラットフォームを提供開始、Syno Japan×京都市観光協会の国内初の取り組み「きょうの安心・明日の笑顔~新型コロナウィルス感染症対策・応援プロジェクト」

Syno Japanは、公益社団法人京都市観光協会(DMO KYOTO)との国内初の取り組み「きょうの安心・明日の笑顔~新型コロナウィルス感染症対策・応援プロジェクト」にて、観光客CXアンケートプラットフォームの提供を開始いたしました。

各観光事業者の衛生対策に対する評価や応援メッセージ、顧客満足度など(以下「顧客体験(CX)」)を観光客や京都市民などの施設利用者から継続的に収集し、新型コロナウィルス衛生対策の強化やサービスなどの質を改善することができるCXアンケートプラットフォームの提供を開始しました。具体的には、各施設に対して自社の顧客体験(CX)を可視化するBIツールを提供し、観光事業者の顧客体験(CX)の活用を支援します。

 

京都市観光協会HPより抜粋「きょうの安心・明日の笑顔~新型コロナウィルス感染症対策・応援プロジェクト」のイメージ

Synoは、本取り組みにおいて、店舗・施設利用者(市民または観光客)から継続的にアンケート回答を収集し、回答に対する報酬の付与、回答結果の集計や可視化、観光事業者に対するデータ共有までの一連のプロセスを最適化するために、Synoが自社開発する訪日リピーター獲得CXプラットフォーム「Okaeri 」をカスタマイズし、京都市観光協会や各観光事業者のオペレーション負担を最小化し、新型コロナウィルス衛生対策の強化やサービスなどの質を改善することができる観光客CXアンケートプラットフォームを構築します。具体的には、観光事業者が顧客のニーズや満足度などの顧客体験(CX)を理解し、すぐさま施策に繋げられるようにするために、回答結果をリアルタイムで集計・可視化するダッシュボード(Syno BI)を各観光事業者に対して提供します。

各事業者に提供するダッシュボードのイメージ

今後の展開①:「Survey for Good:また、おこしやす」との連携
この度、Synoが京都市及び(公財)京都高度技術研究所よる「スタートアップによる新型コロナ課題解決事業」として採用して頂いた「Survey for Good:また、おこしやす」と、本取り組みの連携を目指します。「Survey for Good:また、おこしやす」と連携し、With/Afterコロナにおいて、京都を訪れる観光客(訪日観光客も含む)がアンケートを通じて、新型コロナウィルス関連の復興事業に寄付することができる仕組みの構築を目指します。

Survey for Good:また、おこしやすの概念図

今後の展開②:京都市観光協会統合データベースの構築
今回の取り組みで収集する市民・観光客アンケートと、京都市観光協会が既に収集しているデータ(宿泊客数、位置情報や公開情報)や、Synoが収集するデータを統合し、包括的なデータベースの構築を目指します。

京都市観光協会統合データベースのイメージ

京都市観光協会DMO企画・マーケティング専門官の堀江氏は、以下のようにコメントしています。
「これまで京都市観光協会では、市内宿泊施設のご協力のもとで宿泊客数統計の発表を行うことで、京都観光の状況をいち早く把握するための情報提供に取り組んでまいりました。今回の取り組みは、これまでの宿泊客数という量に関する指標だけでなく、衛生対策やサービス品質という質に関する指標を網羅的に収集するという点で、画期的な取り組みとなります。これが、店舗・施設におけるデジタル技術の活用の一助となり、京都の観光産業の生産性向上や、安心・安全に旅行できるイメージの形成につながることを期待しています。」

一方、Syno Japan株式会社代表取締役である長野は、「京都の観光業界が抱える、観光事業者のデジタル化と、混雑やマナー等のBeforeコロナの課題、そしてコロナ禍の衛生対策における課題の解決策となる国内初の取り組みに、京都が誘致に注力するITスタートアップ企業の一社として参加させて頂き、非常に光栄です。With/Afterコロナの復興を必ず遂げるであろう観光業のモデルケースとなるような仕組みを引き続きご提案していく所存です。」とコメントしています。