With/Afterコロナ時代にさらに注目が高まる越境ECで成功するための5つのポイントとは? | ホワイトペーパー

近年、世界における越境ECの市場規模は、右肩上がりで順調に広がっています。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大影響による生活様式の変化に伴い、越境EC利用者が拡大したことで、市場はこれまで以上の水準で伸びており、今後も安定した伸びが期待される領域となりました。

日本のモノを海外の消費者に購入してもらう日本企業の越境ECにおいては、日本の商品やブランドを理解し、親しみを感じやすい訪日観光客が主要なターゲットであるといえるのではないでしょうか。現在は、新型コロナウイルスの影響で減少してしまったインバウンドですが、With コロナ / Afterコロナの時代において、今後新しいインバウンドの形が生まれ、海外を往来可能な生活が戻った際には、再び海外から多くの観光客が訪日することが見込まれます。そういった中で、日本の中小企業にとって、越境ECを活用することで大きなビジネスチャンスがあるのではないかと考えています。

今回は、今年3月に実施したアジア6カ国消費者調査(タイ、オーストラリア、シンガポール、台湾、香港、中国)の結果を元に、アジアの消費者が訪日旅行をした後の自国でのオンライン購買行動を考察し、訪日観光がもたらす越境ECでの購買行動に対する影響を明らかにすると共に、既に越境ECに進出している、あるいは越境ECの展開を検討されている日本の企業が、越境ECを成功するためのマーケティングにおいて参考にすべきポイントをご紹介したいと思います。

本ホワイトペーパーがWithコロナ / Afterコロナの時代のデータドリブンな越境マーケティングのご参考にして頂けますと幸甚です。

【目次】

  1. アジア6カ国消費者調査:訪日観光がもたらす越境ECでの購買行動に対する影響
  2. 越境ECマーケティングを成功に導く5つのポイント
  3. Synoグローバルリサーチサービスのご紹介
ホワイトペーパーをご希望の方は、下記にお客様の情報を登録してください。