2020年広告信頼度グローバル調査結果 | 調査概要

世界40か国の消費者40,000人を対象に、メディアと広告への信頼性に関するインターネット調査を実施しましたので、その結果の一部を公開します。2019年度の調査にも利用したNTS(1から7までの回答に基づいて、±100のスケールで回答者の信頼を計算する方法)を用いて世界40カ国の一般消費者の信頼度を算出しました。新型コロナウィルスが及ぼした影響に加え、2019年度と2020年度のNTSを比較することで各国のコンテンツや広告を一般消費者がどう感じているか、そしてどう推移したかを把握することができます。

調査結果サマリー

  1.  日本は他国と比べると、ニュースコンテンツの信頼度が依然として低い
  2.  2019年と比べ、ほぼ全ての媒体のNTSが悪化したが、とくにテレビのニュースチャンネルのコンテンツに対するNTSが悪化した
  3. 「コロナウイルスに関する信頼できるニュースの出典(ソース)」への信頼度では、1位のNTSが新聞(全国紙)となっており、最下位のNTSが雑誌という結果が出た

依然として、日本のメディア・広告業界は明らかに他国と比べて厳しい状況にあります。メディア企業や広告主は、消費者との間の信頼問題に大きく直面しております。
今年度のメディア/広告の信頼性調査の結果をまとめたホワイトペーパーは近日公開予定ですが、先駆けて下記より国籍・年齢・性別・メディアブランド、その他人口統計などを含めた調査概要をダウンロードしていただけます。

 
調査概要をご希望の方は、下記にお客様の情報を登録してください。