1→10の成長期へ、オフィス移転及びコーポレートサイトリニューアルのお知らせ

Syno Japanは、0→1の草創期において、アーリーアダプター企業と共にビジネスモデル、プロダクト、体制構築における仮説と検証を繰り返して参りました。この度、1→10の成長期における事業拡大に伴い、北鎌倉の古民家から鎌倉のオフィスに拠点を移転するとともに、自社ホームページをリニューアルしましたことをお知らせいたします。

現在のビジネスモデルに至るまで、グローバルリサーチのデータ収集からカスタマーエクスペリエンス (CX)の視覚化、ゼロパーティデータのマーケティング施策への活用を効率化するプロダクトを本社リトアニア及びベトナムハノイの自社開発拠点でアジャイルに開発し、また国内企業のオペレーション負担を軽減する体制を構築して参りました。

オフィスの移転について

この度、1→10のビジネス成長期を迎えるにあたり、Syno Cloud及びSyno独自のプロダクトやサービスを活用した新たなデータソリューションを共同で開発する公式パートナー制度「Syno Cloud Partners」を開始すると共に、2018年から入居していた北鎌倉の古民家インキュベーター「共草庵」から鎌倉の新オフィスに移転する運びとなりました。

鎌倉駅前の新オフィスは「北欧ミニマリスト」をテーマに、無駄を極力排除し、無から新たな価値を共創し、越境することができる空間を意識した内装が特徴です。新型コロナウィルスという未曽有の状況で、従来のオフィスや働き方の定義が大きく見直される中、Synoが80年続く古民家で大切にしていた共創という価値、従業員やパートナー企業、そしてお客様と同じ空間を共にして初めて実現する越境をwithコロナ・afterコロナも引き続き大事にしていきたいという想いが込められています。

新住所:〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ヶ谷1-8-1 山口ビル3F

新オフィスでの業務開始日:2020年7月15日(水)

交通アクセス:鎌倉駅 徒歩2分

※電話番号に変更はございません。

※新型コロナウィルスの影響によりリモートワークを実施する場合があります。

コーポレートサイトのリニューアルについて

個人情報保護規制の強化やサードパーティCookieの終焉を背景に、カスタマーエクスペリエンス(CX)の改善やCRM施策、広告プロモーションを最適化する次世代の消費者データとして、ゼロパーティデータの活用が注目されています。一方、データ活用の効果を最適化するためのゼロパーティデータの収集から分析、可視化、共有などの一連のプロセスは非効率な部分が多く、あまり情報が多くないのが現状です。

今回のリニューアルでは、国内外のゼロパーティデータの収集から活用までの最適化に役立つ情報やゼロパーティデータ活用の国内及び海外事例、パートナー企業とのソリューション構築事例、ゼロパーティデータ関連の業界の最新トレンドなど、ゼロパーティデータのプラットフォーム開発業者としてSyno独自のコンテンツを提供します。国内企業のグローバル化への対応やカスタマーエクスペリエンス(CX)の改善やポストCookie時代の次世代マーケティングに貢献できる情報発信を目指していきます。

これを機に さらに皆様方のご愛顧を得られますよう 専心努力いたす所存でございますので、今後ともなお一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。